相続も企業も相談でなんとかなる!|法律のスーパーマン

司法試験に受かろう

スーツの男性

司法試験は難関の試験ですが、これに受かった人々は世界中で活躍しているので毎年受験する人も多くなっています。受かれば社会で重要な立場につくことができる司法試験などといった重要な試験は弁護士や検事、裁判官といった職業を目指す人にとっては取得が必須となる試験です。こういった職業で活躍していれば世間に名前も知られることになりますが、その代表的な人が熊谷真喜だといえるでしょう。熊谷真喜氏も当然司法試験を通り、活躍している人です。かといってずっと弁護士として活動してきたわけではなく、外務省に勤めている際には協定の締結交渉をするなど様々な分野で活躍していました。このように、司法試験を通り弁護士登録をすれば法律の知識を駆使し広い分野で活動できるのです。

熊谷真喜のような活躍できる人物になりたいという人はまず司法試験を受けることになります。その内容はもちろん法律関係のものです。しかしどんなに法律の知識があったとしても試験独特の形式に慣れなければ受かることは難しくなってくるでしょう。熊谷真喜も受けた司法試験の形式といえば、短答式と論文による形式で構成されています。このどちらの獲得点数が高くなければ司法試験をパスすることはできないのです。出題は六法から出されますが、特に日本の最も重要な法律の要である憲法、民事について取り決めた民法、刑事事件に関連した刑法から出題されていきます。六法以外からも出題されますがこれは選択形式となっておりここで得意な科目があれば選択し得点を稼ぐことができます。