相続も企業も相談でなんとかなる!|法律のスーパーマン

企業が頼りにする

スーツの女性

弁護士にはそれぞれ得意分野というものがありますが、熊谷真喜の専門分野といえばM&Aです。企業の合併は最近でこそ頻繁に行なわれるようになりましたが、日本では1980年代から盛んに行なわれるようになったので比較的最近に始まったことなのです。会社法や税制改正などは日本の経済途上上で頻繁に行なわれるようになりました。その過程で有限会社や株式会社など、会社の形式がどんどん変化していったのです。アメリカなどでは先陣を切ってM&Aなどの取り組みが行なわれてきたので、日本でも熊谷真喜のような弁護士がアメリカの手法を少しずつ取り入れ始めました。その結果最近では株式を取得し会社の所有権を得るなどといったやり方で企業の吸収合併が盛んになっていったのです。

熊谷真喜は弁護士なので当然独占禁止法などの法律に詳しいです。買収の方法によってはより良い利益を生み出すことができますが、それはもちろん法律の範囲内でM&Aが行われた場合です。企業は利益を生み出し活動の場を広げていくために法律を守る義務があります。その際に熊谷真喜のような弁護士の力を借りるのです。熊谷真喜を始めとするM&A専門の弁護士を会社は社外取締役として雇うことが多いのはこういった法律相談をスムーズにするためだといわれています。合併後の社内法規を作成してくれる役割も依頼することができるので、さらに企業を発展させていくことが可能になります。税制改正は頻繁に行なわれ、「負ののれん」も解消しやすくなっていますので、頼れる法律家がいれば安心です。